お正月の祝箸とは?いつまで使う?由来や使い方は?

祝箸

出典:item.rakuten.co.jp

お正月には必ずと言っていいほど使う祝箸ですが、

祝箸とはどういったものでしょうか?

またいつまで使うものなのでしょうか?

祝箸の由来や使い方などを調べてみました。

祝箸とは?由来は?

お正月には祝箸(いわいばし)を用意しますね。

祝箸とは、おせちやお雑煮などを食べるときに使う

両端が細くなった箸のことですね。

祝箸の素材はだそうです。

柳はしなやかで折れにくいため、祝い事など折れると良くないため、

縁起を担いで使用されるそうです。

祝箸の両端が細くなっているのは、片方は人、片方は神様が使い、

人と神様が一緒に祝うという意味があるそうです。

なんとなくいつも祝箸を使っていましたが、箸にもちゃんと意味があるのですね。

祝箸の使い方は?

私の実家では、祝箸は1月1日のお雑煮を食べる時から、

1月3日の夜まで使っていました。

また、その三日間はなぜか箸を洗ってはいけないことになっていました。

私はその習慣が嫌で。。( ;´Д`)

大人になってからは自分だけ洗うようになりました。

祝箸の正式な使い方はどういった使い方なのでしょうか?

祝箸の正式な使い方

  • 祝箸は家族の名前をそれぞれの箸袋に記入します。
  • 大晦日には神棚に供えておき、お正月から使い始めます。
  • 使うたびに自分で洗い、松の内(1月1日〜15日まで)は使い続けます。

祝箸は割り箸のように使い捨てにはしないで、

洗ってまた使います。

(やはり洗っても良いのですね!ですよねー)

松の内とは、お正月の松飾りを飾っておく期間のことです。

現在では、1月7日までとすることも多いようです。

祝箸を使う期間は、お正月の三が日だけではなかったのですね。。

15日間も使うとは。。

3日使って洗っているだけで、ちょっと毛羽立ってきますが、

15日使ってるとどうなるのでしょう?

今年はせめて7日まで使ってみようかな、と思います。(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加