おせちに黒豆が入っている意味や由来は?

おせち 黒豆 意味おせちといえば、必ず黒豆

入っていますよね。

普段の生活ではあまり口にすることが

ない黒豆ですが、お正月にはほとんどの

方が口にするのではないでしょうか?

黒豆をおせちに意味があって

おせちには必ずと言って良いほど入っているのでしょうか?

おせちに黒豆が入っているのはなぜ?

黒豆は、祝い肴三種の一つとされていて、

おせち料理にはかかせないものですので、

おせち料理には必ず入っています。

祝い肴三種は、黒豆・数の子・田作りのことです。

この祝い肴三種とお餅さえあれば、

最低限、お正月のお祝いができると言われています。

黒豆は、重箱の一段目(壱の重)に詰めるのが一般的です。

私が今年購入した匠本舗の【匠】も一段目に黒豆が入っていました。

おせちに黒豆が入っている意味は?由来は?

黒豆は縁起を担いでおせちに入っています。

黒豆の『まめ』と「まめに働く」という語呂合わせから、

おせちには欠かせない料理となっています。

『まめ』という言葉には、「丈夫」や「健康」という意味があります。

黒豆には「まめに元気で健康に働けますように」という願いがこもっているのです。

また、日に焼けて黒くなるくらいマメに働けるように、という意味もあります。

黒豆には、他に「長寿」や「厄除け」という意味も込められています。

黒豆の黒い色が邪気を払い、災いを防ぐ力があることから、

厄除けの意味もあります。

また、「まめ」に達者で長生きができるようにという

長寿への願いも込められています。

黒豆は、ツヤっとしていて、殻がなく表面がつるっとしたものが良いそうですが、

関西では丸くふっくらと煮て、関東ではわざとシワが出来るように煮るという

地方の違いがあるそうです。

ふっくらとシワができないように煮た黒豆には

シワがよらないように長生きができるように、という意味があり、

黒豆にシワが出来るように煮るのは、シワが寄るまで長生きできますように、

という願いが込められているそうです。

シワがあってもなくても長寿を願っているというのが面白いですね。

おせち料理は、食べることで縁起を担ぐという意味があります。

今年は黒豆がおせちに入っている意味を噛み締めながら、

黒豆に願いを込めて食べてみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加