おせち料理の意味や由来は?いつ食べる?

おせち料理の意味と由来お正月といえばおせち料理

おせち料理がなければお正月の雰囲気も半減、とまでは言いませんが、

ちょっと物足りない気がします。

日本人には欠かせないおせち料理の意味や由来、

おせち料理はいつ食べればいいのかなどをまとめました。

おせち料理の意味や由来は?

「おせち」は、本来、暦上の節句のことで、

季節の変わり目とされる「節」に神に供え物をし、

宴を開く際の宮中料理でした。

その時に食べる料理は「御節供料理」と呼ばれており、

この風習が庶民にもひろがり、

一番目の節句であるお正月に食べる料理を「おせち料理」と

呼ぶようになりました。

昔の人は、おせち料理に「家内安全、豊作、子孫繁栄」

などの願いを込めていたそうです。

現代でも願いがこもった食材を用意しお重に詰めていますが、

家族を思う気持ちは変わらない、ということなのでしょうね。

お重に詰めるおせち料理ですが、このお重にも意味があり、

”めでたさを重ねる”という縁起を担いで重箱に詰めているのです。

おせち料理は1年の始まりに相応しい縁起の良い食べ物なのです。

少し前まではお正月は三が日くらいまでお店が開いてなくて、

おせち料理にはその間の保存食的な意味もありましたね。

三が日くらいは主婦を休ませてあげよう、という意味も込められていました。

が、最近はお正月でもコンビニもありますし、

お店も普通に開いているところも多くありますので、

保存食的な意味合いは薄れてきているように感じます。

三が日はお店が開いていない、というのも

不便ではありましたが正月らしくて良かったと

今は思います。

おせち料理はいつ食べる?

おせち料理は本来、新年を迎える料理として

大晦日に食べるものです。

が、現在では大晦日には年越し蕎麦を食べるという風習があり、

元日におせちを食べるという人も多いかもしれません。

地域によってもおせち料理を食べる日は異なっており、

北海道や東北では大晦日に食べるという風習が残っているようです。

また、おせち料理は来客をもてなす料理としても振る舞われたりもしますので、

結局、それぞれの家庭の事情や考え方でおせち料理はいつ食べても良いようです。

ちなみにうちの場合は、大晦日におせち料理を食べ始めます。

大晦日は除夜の鐘がなるまで(TVで見るのですが)

長時間起きているので、おせち料理をつまみながら時を過ごす、

という感じです。

で、0時になる少し前くらいから年越し蕎麦を作り始め、

そばを食べます。

最近は年越し蕎麦も食べたくなったら食べる、ということに

なりつつありますが。

我が家では大晦日に親戚が来て、1月1日には帰ってしまうので、

大勢の人がいるうちに、おせち料理もみんなで食べよう、

ということもあり、大晦日からおせち料理を食べるという理由もあります。

いずれにしても、おせち料理も年越し蕎麦も

お正月を感じられる風流な料理ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加