おせち料理の重箱への詰め方は?綺麗に詰めるコツは?

おせち 詰め方おせち料理についていろいろ検討する時期になってきました。

購入する場合は、おせち料理を選べばいいだけですが、

作る場合は何をお重に詰めるか、材料は?購入はいつする?

などいろいろ考えなくてはいけませんね。

また、お重に食材を綺麗に詰める、というのが

なかなか難しいのです。(ーー;)

そこで、おせち料理のお重の詰め方やコツについてまとめました。

おせち料理の重箱の意味は?

おせち料理に使用する重箱は、

おせち料理の意味や由来は?いつ食べる?

で書いたとおり、

「”めでたさを重ねる”という縁起を担いで重箱に詰めているのです。」

が、何段の重箱がいいのか調べてみると正式には五段だそうです。

一~四段までに料理を詰め、五段は空にしておき、

年神様から授かった福を詰める場所にするのだそうです。

色々考えられた意味のある段数になっているのですね。

ちなみに、重箱は「壱の重」「弍の重」と数えますが、

四段目は”四(し)”が縁起が悪いということで、

「与の重」と呼ぶそうです。

が、現在では三段重が一般的になっています。

核家族化やおせち以外にも食べる物がいろいろありますので、

時代に合わせて、ということでしょうか。

年神様からの福を詰める場所という風流な習わしがなくなったのは少し残念ですね。

おせち料理の詰め方は?

おせち料理、我が家ではかなり適当に詰めていましたが、

実は詰める物の場所が決まっており、詰め方のコツもあります。

地域差などがあるようですが、一般的なものをご紹介します。

五段重ねの重箱の詰め方

【壱の重】(祝い肴3種)

↓は、三種肴(さんしゅこう)と言い、おせちに欠かせないものです。

  • 黒豆
  • 数の子
  • 田作り(関西ではたたきごぼう)

【弐の重】(口取り・酢の物)

”口取り”とは、本膳料理(正式な日本料理)に出される料理の一つで、

口取り肴・口取り菓子の略です。

羊羹や寒天などの甘味のことになりますが、北海道では練り切り菓子のことを

さしているようです。

  • 紅白かまぼこ
  • 伊達巻
  • 昆布巻き
  • 栗きんとん
  • 錦卵
  • おたふく豆
  • 紅白なます
  • 酢蓮
  • 菊花かぶ

など

【三の重】(海の幸が中心の焼き物)

  • ブリ
  • 海老

など

【与の重】(山の幸が中心の煮物)

  • レンコン
  • 里芋
  • くわい
  • ごぼう
  • にんじん
  • こんにゃく

など

【伍の重】

空にしておく

家族の好きな食べ物などを入れても良い

三段重ねのお重の詰め方

【壱の重】(祝い肴・口取り)

お屠蘇を飲むときの祝い肴や

甘いものを中心に詰めます。

  • 黒豆
  • 田作り
  • たたきごぼう
  • 伊達巻
  • 栗きんとん
  • 紅白かまぼこ

など

【弍の重】(酢の物・焼き物)

メインディッシュ的な料理を詰めます。

  • 紅白なます
  • 酢蓮
  • 菊花かぶ
  • 数の子
  • ブリ
  • 海老

など

【参の重】(煮物)

  • レンコン
  • 里芋
  • 人参
  • こんにゃく
  • くわい
  • ごぼう

など

お重の詰め方のコツは?

お重にいろいろな食材を詰めていくのはなかなか難しく感じますが、

詰め方のコツがあるようです。

  • 蒲鉾などのように詰めても形がくずれないものを先に詰める。
  • 奥から手前に詰めていく。
  • 味や香りが移らないように、仕切り(葉らんなど)や器を使う。
  • 厚みのないものは重ねて盛り、全体の高さを揃える。
  • 魚や海老などは、頭を左にする。

引用元:http://www.kibun.co.jp/knowledge/shogatsu/osechi/shurui.html

お重に詰めるとき、無作為に詰めていてはバラバラの印象になり、

美しくありませんし、詰めるのが難しいです。

お重は料理を詰めるコツ・形があり、主に下図のようになっています。

おせち 詰め方

出典:http://item.rakuten.co.jp/

お重の仕切りとしては、葉らんや、笹の葉などで仕切ります。

アルミ箔などで仕切っても良いです。

↓のように仕切りがついたお重も売られていますので、

こういうものが一つあるとレイアウトに困らず、

料理を詰めていくだけなので大変便利ですね。

おせちの詰め方にコツがあるとわかり、

なんとなく私でも上手に詰めることができるような気がしてきました。

(といっても既におせちを購入していますが)

今回届くおせちも詰め方やどのお重に何が詰まっているのかなど

注意して見てみたいと思います。

ちなみに、今回私が購入しているおせちは

迷ったらこのおせち!

です。(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加